虫歯治療

虫歯の症状

虫歯の症状は進行度によって異なってきます。進行度によって5つに分類されています。
当院では進行が初期の場合、予防治療によって歯を削らずに治療することを第一としています。

中期の虫歯の場合には痛みを感じることがありませんが、この時点で治療を行わないと、虫歯はさらに進行し、激しい痛みが出てきます。
そうなってしまうと、治療期間と費用がかかってくるケースが多いです。
何か違和感があったらすぐに歯科医院を受診し、早期発見・早期治療でるのがより良いといえます。

進行の度合

虫歯の進行状態はCO~C4という5段階に分類されています。

【C0】

虫歯の初期段階をC0といいます。歯の表面のエナメル質が少し溶けはじめ、白く濁っていたり、溝が茶色くなっていたりします。

・治療法

適切な歯磨きをすれば元の状態に戻すことができます。

【C1】

虫歯の進行度C1

歯の表面のエナメル質が溶け、小さな黒い穴が空くこともあります。

・治療法

虫歯にかかっている部分を削ります。穴が開いてなければ予防治療によって削らずに進行を止めることも可能です。

【C2】

虫歯の進行度C2

歯の内部にある象牙質まで虫歯が進行してしまった状態です。 象牙質は柔らかいため、急激に虫歯が進行します。早急に治療をした方が良いでしょう。 この状態ですと、冷たいものや甘いものがしみることがあります。

・治療法

詰め物などで治療を行います

【C3】

虫歯の進行度C3

虫歯が進行してしまい、歯の神経(歯髄)まで虫歯が進行した状態です。神経に炎症が起き、ズキズキと激しい痛みを伴います。

・治療法

虫歯部分を削り、歯の根の部分を治療する根管治療を行ってクラウン(被せ物)等で保護します。

【C4】

虫歯の進行度C5

歯の根の部分だけを残し、歯の上部が崩壊してしまった状態です。

・治療法

この状態になってしまうと抜歯になるケースが多いです。抜歯後はインプラント・ブリッジ・入れ歯などの治療方法があります。