小児歯科

お子様を歯医者に通わせる時期

子どもをいつ歯医者に連れて行けばいいの?歯が痛くなったりしてからでいいの?という疑問をお持ちの親御さんも多いと思います。
症状が出てからではなく、予防することを目的としたおすすめの来院のタイミングをご紹介します。

乳歯が生えてきたら

生えたての乳歯は歯質が弱く虫歯の進行が早いので、早期発見と予防が大切です。乳歯が生え始めたら虫歯予防を始めると考えてください。
お家で行うケアについてもご指導しますので、一度ご来院ください。

硬い食べ物を食べ始めたら

離乳食が始まり硬い食べ物も食べるようになると口の中に食べかすが残りやすくなるので、これまで以上のケアが必要になります。虫歯にもなりやすくなる時期なので、一度ご来院いただくことをおすすめします。

乳歯から永久歯に生え変わり始めたら

乳歯が抜け始めて歯がデコボコになると、ブラッシングしにくくなり虫歯になりやすくなります。また、歯並びが気になり始める時期でもあります。
生え変わりの時期は特に注意が必要ですので、ご来院ください。

お子様のころからの予防の重要性

乳歯の虫歯は進行が早い上、初期の虫歯は痛みなどの症状が出ないことが多く、お子様も親御さんも気づきにくいという危険性があります。
3才までに虫歯ができたお子様は永久歯に生え変わってからも虫歯になるリスクが高まるという研究結果があります。これは、乳歯から永久歯に虫歯菌が感染するからではなく、子供の頃に虫歯になるような生活習慣、食の好み、ブラッシング習慣は、永久歯に生え変わってからも大人になってからも簡単には変わらず、知らず知らずその習慣を続けている場合が多いからです。
そこで、子供の頃から予防習慣をしっかり身につけることで、大人になってからも自主的に予防ケアをすることができるようになり、それが生涯健康な歯でいることにつながります。
親御さんのご協力とともに、歯科医院でも丁寧に指導・サポートさせていただきますので、ご一緒にお子様の健康な歯の土台を作っていきましょう。

歯医者は「怖いところ」から「行きたいところ」へ

子供にとって、初めての歯医者での経験はとても重要です。
一度「歯医者は怖いところ」と認識してしまうと、その後も来院のたびに怖がるようになります。
そこで、スタッフの優しい笑顔と言葉で安心させたり、院内におもちゃや絵本を置いたり、治療後はプレゼントをあげたりと、子供にとっての「初めの歯医者さん」を楽しく安心できる場所にすることで、「歯医者さんは楽しいところ」と感じてもらうことが大切です。

また、親御さんに丁寧に説明を行い、親御さんの不安を取り除くことも必要です。
子供は親をよく見ていますから、親御さんが不安がっているとそれがお子さんにも伝わり、恐怖心を生み出してしまいます。親御さんが安心してお子さんを任せられるようになってから治療を行うよう、気をつけています。

予防措置

シーラント 奥歯の溝に薬を流し表面のでこぼこを無くす事で、汚れや食べ物のカス等がたまり難くなり虫歯を出来にくくします。
サホライド 歯の表面が解けて虫歯になり始めた所に薬を塗布する事で虫歯が進行を抑えます(乳歯)
フッ素 乳歯・永久歯ともに、定期的に塗布することで歯質が丈夫になり、虫歯を防ぎます。
さらに、口の中を虫歯になりにくい環境にすることが出来ます。

■保険指導

ブラッシング指導 お子さんにあった磨き方をご指導します。フロス(糸ようじ)・歯間・矯正用・歯ブラシの必要な部位などの使い方等をご説明します。
間食指導 10歳くらいまでのお子様に、間食のとり方・飲み物とお菓子の関係等、表を使ってわかり易く説明します。
唾液テスト
(緩衝能テスト)
唾液は口の中でとても重要なものであり、虫歯のなりやすさに深く関係しています。
唾液の性質を知る事により、それぞれにあわせた食生活のアドバイスを行っています。