• Before
    • After
    症状 他院では虫歯がないと言われたが、ずっと違和感と染みる症状が続いている。とのことで当医院に来医院されました。
    治療方法 ラバーダム(無菌的な治療を行うための器具)をしっかり歯に設置し、マイクロスコープ(精密歯科診療を行うための器具)で虫歯を全て除去し、今回は深い虫歯がり歯茎のラインまで歯がなくなっていたので、歯茎を圧接してダイレクトボンディングを行いました。
    費用 マイクロう蝕除去  3、3万円
    ダイレクトボンディング 6、6万円
    備考 全てのケースで行える治療で張りません。
    今回はどうにか歯茎を下げることができたので出来ましたがあまりにも深い虫歯には行えないケースがあります。
  • 患者さん情報

    年代 40代
    性別 男性
  • 治療方法

    見た目には虫歯は確認されずレントゲンにも写らない状態でしたが、マイクロスコープで確認するとうっすら虫歯が確認できました。

  • 虫歯を取っている最中ですが、矢印は歯茎のお肉がラバーダムの上に乗るぐらい虫歯が深いところまで進行していました。
    このままではダイレクトボンディングができません。
    お肉を挟んでしまうからです!

  • このように(矢印)糸を入れて歯茎をお肉を圧排して引き下げます。
    これにより、お肉を挟まずダイレクトボンディングができるようになります。

  • 器具の適合性を確認して問題なければダイレクトボンディングを行なって行きます。

  • 詰め物をした後ですが、よく見ると(矢印)段差が見えますでしょうか。
    このような段差が残ると、ここから新しい虫歯が起こりますので段差をしっかり取る必要があります。

  • 段差を取るための器具を当てているところです。

  • このように段差を取ることができます。
    この工程がとても大事でして、新しい虫歯の発生を抑えることができます。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日