自然に笑える、見た目と機能性を考えた審美治療

白く自然な口元を望む方、笑った時の口元はやはり天然の歯に近い自然な色が一番です。
歯並びが悪い、歯の色が悪い、口臭、笑うと歯茎が見えてしまうなど、お口の悩みを抱えている方は多いと思います。
いくら良い物をつけていても、それがお口の中、または見た目が損なってしまうと気持ちがいい物ではないと思います。
当院の審美治療は「見た目だけ」ではなく、「歯の機能と寿命」もともに考えて行っています。

当院の審美治療についての考え方

  • 1

    出来るだけ天然の歯を削らないようにする。

    詰め物や被せものを作製する際に、形にはめる為の削り整える処置があります。当院は健康な歯を残し、最小限の切削で留めるため補う治療の選択肢をご提案し健康な歯質の温存を目指します。

  • 2

    上下の咬み合わせを機能的なものにする。

    作製した詰め物や被せものが、歯にあっていても、反対側の歯とあわなければバランスを崩す原因にもなります。補綴物を作製する際、嚙み合わせや、バランスを考えた治療に努めます。

  • 3

    全体のバランスを考えた色調。

    笑った時健康なピンクの歯グキが見えるのは良い感じですが、黒ずんだり見え過ぎたりしていては、思い切って口を開けられないという方もいらっしゃると思います。どちらの悩みも歯科治療で改善することが出来ます。
    当院では患者様のご希望の状態に近づけるよう何度もお話を伺い、その上で的確な処置を行います。審美治療はそれぞれの年齢にふさわしい歯並びや色調をご提案いたします。患者さんに合った歯の大きさや歯ぐきの色などをぴったり合わせて素敵な笑顔がを演出します。歯の色も個人差や年齢による変化があるのです。歯が全て黒ずんでいたり、歯の面に茶褐色のスジがたくさんあって悩んでいる方も多くいらっしゃいます。ぜひご相談ください。簡単な治療で治る場合もあります。

ダイレクトボンディング

  • 特徴

    • 詰め物を作るより、治療期間が短く済む
    • 歯を削る量が少ない
    • 見た目が自然
    • ある程度の耐用が期待できる
    • 虫歯や欠けた部分を修復できる
    • 審美治療のファーストステップに向いている
  • 質の高いこだわりの治療方法

    ラバーダムと隔壁

    唾液など水分の混入を防ぐため、ダイレクトボンディングを行う際もラバーダム防湿を使用することがあります。さらに歯と歯の間の治療の際は、歯を抑える器具を使い細かな部分も手を抜くことはありません。

    積層充填による色彩の再現と光重合での硬化

    歯の色は一概に白ではなく、歯の部分により色味に変化があります。歯の構造上内部の層は黄色っぽく、表層は白に近く歯質の厚みにより色合いが変わります。
    当院では複数ある材料の色から選択し、自然な色味に仕上がるように色を重ねています。さらに何層にも重ねるため、単層よりも耐性が高いです。

    料金について
    • 今の虫歯治療は極力削らないのが当たり前!!!!

      • Before
      • After
      症状 歯科ドックでいらした患者さんであり、症状はありませんでした。
      マイクロスコープで検診をしている際、小さな虫歯を発見し治療に移行しました。
      治療方法 マイクロスコープ(極力虫歯を削らない治療に必要)を使用し、ラバーダム(無菌的な治療を行うための器具)を設置し、なるべく削らない治療を行いました。
      また、その後、虫歯の再発抑えるためダイレクトボンディング(適合性の良い詰め物)を行いました。
      費用 マイクロスコープを使用した虫歯除去 33000円
      ダイレクトボンディング 33000円
      備考 適応症がございますので全ての患者さんに適応できるわけではありません。審査診断が最も重要になります。
      詳細を見る
    • CR(保険で充填された詰め物)がうまく適合していない場合虫歯の再発に繋がり危険です。

      • Before
      • After
      症状 前医で数ヶ月前に保険で白い詰め物を詰めたが染みる症状が続いていて、フロスをした時に引っかかるといらっしゃいました。
      写真でもわかるようにCR(保険でつめた充填物)がマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で確認すると大きく段差(突起物)が見られます。それにより、歯茎も腫れており正常な形態から大きく逸脱している状況になります。
      治療方法 マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)でCRを除去後虫歯を除去を正常な形態をダイレクトボンディング にて付与よし、歯肉の回復を促します。
      初めの状況ではCRの突起物が原因でうまくラバーダム(術野を清潔の維持し、感染から守るもの)が設置出来ませんので除去後にラバーダムを設置します。
      費用 ダイレクトボンディング 6万円
      歯髄温存療法(精密虫歯治療も含まれます) 6万円
      備考 適応がございます。適応外の場合は治療ができないことがございます。
      詳細を見る
    • 詰め物の下に虫歯はよくある?!?!

      • Before
      • After
      症状 噛むと違和感がある。食べ物が良く歯に詰まる。フロスが切れてしまい、通せない。少し、染みる。
      治療方法 まず、ラバーダム(術野を清潔に保ち、唾液による再感染を防止する)を適切に行い、マイクロスコープで拡大視野で治療を行うことにより、最小限の侵襲により、虫歯の除去を行い、歯質を最大限に残した状態での治療を行なっております。これにより、歯の強度をなるべく下げないようにして、歯の予後を一年での長くなるように治療を行なっております。
      費用 虫歯除去3万円
      ダイレクトボンディング(白い詰め物)6万円
      備考 適応症があります。
      ダイレクトボンディングでは充填できる範囲があり、大きくなりすぎると、セラミックなど他の手法を用いる必要があります。
      詳細を見る

金属を使わない精密な被せ物

  • 保険治療で詰め物や被せものなど、大きな虫歯を治療するとさまざまな問題点があがってきます。保険の銀歯の金属は、パラジウムを含み金属アレルギーになりやすいです。また金属は歯と一体化せず、月日とともにお口の中で腐食し、金属と歯の間に隙間ができはずれやすくなり、二次虫歯のリスクも上がります。当院では、メタルフリーの治療をおすすめしています。保険の限られた範囲ではなく、腐食の影響を受けにくいぴたりと合う精密な被せものをご提案しています。

  • 前歯

    ジルコニアセラミック

    特徴

    • 表面にプラークが着きにくい
    • 歯の色に極めて近く再現でき見た目が良い
    • 金属アレルギーを防ぐ
    • 強度が高い

    ジルコニアの表面にセラミックをつけているため、歯の色調の再現が良く、見た目がきれいで前歯に適しています。その分ジルコニアクラウンに比べ、強度が少し劣ります。

  • 奥歯

    ジルコニアクラウン

    特徴

    • 表面にプラークが着きにくい
    • 強度が極めて高い
    • 歯に近い色を再現でき見た目が良い
    • 金属アレルギーを防ぐ

    すべてジルコニアで構成された被せもののため、強度が極めて高く、奥歯に適しています。色調の調整が難しく、金属に比べ見た目は良いです。

    料金について

精度を高める完成までのこだわり

  • 完成形に近い仮歯(プロビショナルレストレーション)

    型取りをし、被せ物が完成するまでの2~3週間の間に完成形に近い仮歯(プロビショナルレストレーション)を装着します。
    これは通常の仮の歯に比べ、色味や歯の形など、完成形の被せ物を想定した仮歯になるため患者様もイメージしやすいメリットがあります。もし仮歯がイメージと違っても、完成前であれば、修正や変更も効き、歯を守り、完成形も再現できる仮歯になります。

  • 特徴

    • 見た目が通常の仮の歯よりきれい
    • 完成形に近いのでお手入れがしやすい
    • 変更が効きやすい
    • 嚙み合わせも考慮されている
    • 歯科技工士が作製している
    再生・修復治療のこだわり

審美補綴の症例

  • まだ登録されている症例がありません

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日