小児歯科とは

乳歯は永久歯に比べて弱く、虫歯になりやすいと言われています。
適切な虫歯予防で乳歯の健康を守り、
永久歯への生え変わりをサポートしながら、健全な永久歯へと繋げましょう。

子どもの歯は虫歯予防が大切

  • 乳歯から虫歯予防を始めましょう

    乳歯は生え変わるため、虫歯になっても問題ないと考えることは大変危険です。乳歯の頃の口腔環境は、永久歯が生えてからの虫歯など様々なトラブルに関わっています。
    0歳から永久歯が生え揃う頃まで歯を守る習慣を続けることで、大人になってからも虫歯や歯周病とは無縁の健康な口腔環境を手に入れることができます。

  • 子どもの虫歯予防

    • 1

      フッ素塗布

      フッ素は歯や骨を丈夫にする作用があり、虫歯になりにくい強い歯を作り出します。また、再石灰化を促すことで、初期の虫歯をもとに戻す効果があります。

    • 2

      シーラント

      シーラントとは、乳歯の溝にフッ素を配合した樹脂を埋める方法です。乳歯は溝が深く歯磨きも不十分になりがちなため、シーラントで歯の溝を埋めることで、虫歯の原因である食べかすが歯の溝に溜まらないようにします。

    • 3

      ブラッシング指導

      子どもは自分で正しい歯磨きをすることが難しく、大人に比べると虫歯になりやすいです。歯の磨き残しが無くなるよう、一人ひとりに合わせた正しいブラッシング方法をお伝えします。

    子どもの歯並びの改善も行っています

    • 顎の成長に合わせて行う「咬合誘導」

      歯並びの乱れは遺伝だけでなく、頬杖などの日々のクセが原因になっていることも少なくありません。
      咬合誘導治療は様々な矯正装置を使用して、子供達のもつ成長力を利用して不正咬合を治療し、正しい歯並び、咬み合せを誘導することで、お口の健康と表情の回復を目指します。

    CONTACT

    【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日