神経が死んでしまった
歯にできること

虫歯や重度の歯周病、歯にひびが入ったなどが原因で口の中の細菌が、
すき間から歯の神経にまで入り込むと、神経が細菌に感染してしまいます。
そうすると神経は痛み腐っていき、腐敗した神経の中で細菌が繁殖し化膿することもあります。
歯は神経を失うと、栄養が断たれ短命になることがほとんどです。
重度の虫歯でも、歯の寿命を少しでも伸ばすためにできる治療がございます。

根管治療の重要さ

  • 成人が歯を失う原因第一位、歯周病

    歯の中には神経や血管が入っている細い管、根管があります。虫歯の進行により汚染された神経や、血管などを除去し、内部をきれいに洗浄・消毒してからすき間なく薬剤を充填する処置が根管治療です。
    根管内に少しでも細菌を残してしまうと再発してしまいますので、治療には精密さが要求されます。
    虫歯により、破壊された歯であっても根管治療を行うことで、 もとの歯と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。

精密な根管治療を実現するための取り組み

    • 1

      感染源を取り除く

      虫歯など、様々な原因により感染してしまった歯髄を、根管から取り除きます。

    • 2

      無菌状態で行い、再発の原因を断つ

      すべての感染源を除去した後は、再び歯の中に病原を作らないために、無菌状態にします。ゴム状の膜で治療部位を覆うことで、唾液など細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌な理想的な衛生環境を作り出します。

    • 3

      歯の寿命を伸ばすために補強する

      神経がなくなると、歯への栄養の供給は断たれます。そのため、通常の歯より傷みやすく弱い状態になります。食事ができる、快適に使えるようにするためには、神経を取った根管に支えとなる土台をいれ、補強する必要があります。

  • マイクロスコープを用いた根管治療

    根管の中は肉眼で見ることができず、従来の治療はレントゲンを参考にしながら、手の感覚を頼りに探り、治療をしていた側面があります。そうすると見落としがおき、感染源が残ってしまい再治療が必要になるケースも出てきます。
    マイクロスコープで拡大し、根管内を詳細に観察することで感染源を細部まで取り除き、再発を断ちます。

  • CTを用いた三次元的な検査

    根管内の治療は、目で直接見ることが出来ません。
    歯の根は複雑に枝分かれしており、肉眼はもちろん従来のレントゲンでも全てを確認することは難しいです。
    CTを用いた検査は、歯の神経の本数や形状、根の先の病状など多くの正確な情報が確認でき、精密な根管治療を実現します。

その他の根管治療のための器具

    • ニッケルチタン

      ニッケルチタンファイルは、根管を拡大・清掃するに使用する器具です。
      ステンレス製に比べて、非常にしなやかに湾曲するため、根管に沿って治療することができます。

    • 超音波チップ

      根管治療用の超音波チップは根管の清掃に使用します。超音波チップの振動、洗浄液の環流により、根管を効果的に清掃することができます。

    • ラバーダム

      ゴム状の膜のシートで、治療する部位(歯)のみを出して、感染を防ぐために使用します。

  • 精密根管治療の注意点

    マイクロスコープを用いた精密根管治療は自費診療となるため、保険の治療に比べると費用がかかります。歯科医師の勘に頼らずしっかり診ながら治療を行うため、虫歯の再発率はとても低く抑えられますが、絶対に虫歯が再発しないわけではありません。治療後のメインテナンスが必要になります。

    料金について

精密根管治療の症例

    • 歯科検診にずっと通ってるのに神経が死んでしまうことも

      • Before
      • After
      症状 痛みも違和感もなし。他院で歯科検診にずっと通っていたが転院をきっかけに当院で虫歯が見つかったため詰め物を全て除去したところ、神経がすでに死んでいることが判明しました。
      もし、虫歯治療後に染みる症状が激しくなったり、長期間染みる症状が続く場合神経への微細な感染が原因の場合がございます。お近くのマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)がある病院へ行かれ、しっかり検査をしてもらうことを強くお勧めします。時間が経過しすぎると神経が死んでしまい根の治療が必要になってしまう可能性が出てきてしまい、神経の温存が不可能になってしまいます。
      治療方法 感染根管治療を行います。すでに神経が死んでから時間が経過しており、歯髄温存療法を行うことは出来ませんでした。
      原因としては過去の虫歯治療にてかなり深く削られており、その際に神経の穴が露出してしまっており、当時は染みる症状などが続いていたと思われますが、長期の微細感染により歯髄が壊死してしまったのだと思われます。
      費用 マイクロエンド(精密感染根管治療)132000円
      備考 適応がございます。
      感染根管治療が出来ない場合もございます。必ず審査診断をされてから、行ってください。
      詳細を見る
    • 虫歯治療が原因で神経が死んでしまうこともある?!

      • Before
      • After
      症状 1年前に虫歯治療して、半年前から歯が痛い。前の病院では神経は生きているから様子を見ましょうと言われ半年経ったが痛みが強くなってきたからしっかり調べて欲しい。
      とのことで御来院されました。
      治療方法 レントゲンでは確かに根の病気は写っていなかったが、CR(プラスチック)が神経に近接して充填されておりました。
      痛みの原因として虫歯の取り残しとCRの不適合(しっかり詰められていない)が可能性として考えられるので、ラバーダム(無菌的に治療するための器具)を行いマイクロスコープ(精密な歯科治療を行うための器具)を使用してCRを全て除去して虫歯を全て除去しました。
      すると、すでに神経は死んでおり、歯髄壊死を起こしておりましたので、神経の治療(マイクロendo)を行いました。もちろん、マイクロスコープとラバーダムは全ての歯科治療では必須の器具と私は考えております。
      費用 マイクロendo(感染根管治療) 88000円
      備考 感染根管治療では全ての患者さんに出来るものではありません。歯の保存が困難な場合は適応から外れてしまいますので、まずはお近くのマイクロスコープのある医院でしっかり審査診断をお受けください。
      詳細を見る
    • 知覚過敏を放置していると大変?!?!?!

      • Before
      • After
      症状 1年前から近所の歯科医院にで詰め物をした後に染みる症状に襲われて、何度か詰め物をやりかえたが虫歯がないため知覚過敏と診断されたそうです。
      それから1年が経過したが染みる症状が継続しており徐々に噛むと痛い症状も出てきたそうです。
      近くの医院では神経抜くしかないと言われて当医院を受診されました。
      治療方法 初めに大切なのが本当に知覚過敏なのかを調べることです。
      染みる症状にも原因がたくさんあります!噛み合わせ、虫歯の取り残し(これが一番多いです)、ヒビ、歯を削った衝撃(一時的に歯髄が炎症を起こしているだけ)、、、etc
      この診断が最も大切ですので初診でしっかり診断いたします。
      被せ物を除去し、虫歯の状況を確認します。
      その後クラック(亀裂)を発見したため歯髄が死んでいる可能性をチェックするための意図的に露髄させました。
      そこで神経が死んでいたため(歯髄壊死)神経の治療に切り替えました。
      今回は残念ながら神経の保存(歯髄温存療法)はできませんでしたが、このように長い間間違った診断をされ続けると神経が壊死してしまって神経を保存することができなくなってしまうこともありますので、長く染みる症状に(知覚過敏)に悩まされている方は一度再検査をすることをお勧めいたします。
      費用 根の治療(イニシャルトリートメント)132000円
      備考 神経を残すことができる適応は神経が生存している場合のみの適応されますので、今回のように歯髄が既に死んでしまっている場合は適応できません。
      詳細を見る

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日

※木曜、日曜は不定期で自由診療のみ行っております。お電話にてお尋ねください。