設備紹介

精度の高い治療を叶えるために

当院ではさまざまな治療においてCTやマイクロスコープを活用しています。これらの機器を用いることで、レントゲンなどではわからない痛みの原因を特定したり、肉眼では見えない微細な虫歯や炎症を確認したりできるようになるため、高精度な診断・治療が可能になります。また、治療で使用する器具類は滅菌を徹底し、滅菌できないものや耐久性の低いものは使い捨てにするなど、安心・安全な診療環境の整備にも力を注いでいます。

当院の精密治療を提供できる設備

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、視野を拡大してくれる歯科用顕微鏡ともいわれている装置です。肉眼では難しい部分も、3〜25倍以上の拡大視野により従来では見ることの出来なかった、細部の情報まで確認することができます。
当院では、歯を削る量や治療する箇所を最小限に抑えるために、虫歯治療だけでなく、根管治療、口腔外科、審美歯科まで様々な歯科治療で使用します。

歯科用CT

歯科治療においてインプラント治療、根管治療、抜歯、歯周病治療など、直視できない部分の分析や、精密な技術を要するものには、精密な検査が必要です。
CTを用いることにより、レントゲン写真だけでは確認できなかった、顎の骨の立体的な形状や神経の位置などの把握が可能になりました。歯科用CTはレントゲン撮影時の照射量が「医科用CT」の約1/10で、被爆量が非常に少なくなっています。
より精度の高い治療が行えるように、様々な場面でCT撮影を活用しています。

その他の設備

PAGE TOP