症例紹介

Category

銀歯だけじゃない!!!保険のプラスチックの下にも巨大な虫歯が、、、

  • BEFORE

  • AFTER

症状 痛みなし、しみない、症状は何もと言っておられましたが、レントゲンとマイクロスコープで確認すると虫歯が保険のプラスチックの下で大きく成長していることがわかりましたので、患者さんに説明してプラスシック等の古い詰め物をとらせていただきました。このように症状が全くなくても虫歯は密かに侵攻していることもあります。
治療方法 保険の白いプラスチックの詰め物を全て除去し、虫歯を全て除去すると、虫歯の除去中に神経の穴が出てしまった、ためにMTAを使用した歯髄温存療法を行い、神経の保護と温存を行いました。
もちろん、虫歯を除去するところからは無菌的に行いたいので、ラバーダム を行い。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いて、虫歯を可及的に選択的に除去します。
費用 歯髄温存療法 6万円
マイクロC処(虫歯治療) 3万円
備考 すべのケースで出来るわけではありません。適応ケースがありますので、必ず、審査診断の上行いましょう。

詳細を見る

銀歯を外すと驚きの光景が広がっている

  • BEFORE

  • AFTER

症状 銀歯詰めたところがしみる。数年前に虫歯の治療を行い、銀歯を入れたそうですが、外すと中では虫歯が大量に出来ており特に近心(前歯に近い方)に真っ黒な虫歯が確認できる。
治療方法 銀歯を外し、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)でラバーダム防湿下で虫歯を全て除去していく。虫歯を除去している最中に神経の穴が露出してしまったために、MTAを用いた歯髄温存療法を行い、最終的にシールドを行い1回目の治療を終えた。その後2回目の治療ではダイレクトボンディングか、被せ物を行なっていく。
費用 虫歯除去3万円
歯髄温存療法6万円
備考 歯髄温存療法には適応がございます。適応外での治療は基本的にお断りさせていただいております。
適応かどうかは検査の結果により判断いたしますので、お越しになってから、決まります。

詳細を見る

感染根管治療(根の再治療)(マイクロエンド)

  • BEFORE

  • AFTER

症状 違和感がある。この歯は他院にて何年か治療を行なったが、治癒しないということで来院されました。
レントゲンだけでは原因がわからずCTとマイクロスコープで確認を行いマイクロエンド(精密根管治療)を行いました。
治療方法 まず、隔壁(根の治療を行うにあたり、術野に唾液や感染物が入らないようにするためのもの)を作成し、ラバーダムをかけ術野を清潔にしてから、治療を行なっていった。
マイクロスコープ(歯科用の拡大顕微鏡)を使用し、感染物とガッタパーチャー(古い充填物)丁寧に除去していき、根管内(根っこの中)を綺麗にしていった。その後、根管内が綺麗になったことを確認し、MTAで根管内を充填し、最終的にファイバーコア (歯を補強し折れにくくする材料)で築成し、経過を半年おった。
費用 感染根管治療12万
備考 適応症があり、明らかな破折(歯が割れている)などが見つかった場合は治療が困難になることがあります。
また、根の治療は成功率は100%ではなく、治療が功を奏さない場合もあります。
その場合は歯根先切除術を行うこともあります。

詳細を見る

詰め物の下に虫歯はよくある?!?!

  • BEFORE

  • AFTER

症状 噛むと違和感がある。食べ物が良く歯に詰まる。フロスが切れてしまい、通せない。少し、染みる。
治療方法 まず、ラバーダム(術野を清潔に保ち、唾液による再感染を防止する)を適切に行い、マイクロスコープで拡大視野で治療を行うことにより、最小限の侵襲により、虫歯の除去を行い、歯質を最大限に残した状態での治療を行なっております。これにより、歯の強度をなるべく下げないようにして、歯の予後を一年での長くなるように治療を行なっております。
費用 虫歯除去3万円
ダイレクトボンディング(白い詰め物)6万円
備考 適応症があります。
ダイレクトボンディングでは充填できる範囲があり、大きくなりすぎると、セラミックなど他の手法を用いる必要があります。

詳細を見る

白い詰め物の下の虫歯だらけ?!

  • BEFORE

  • AFTER

症状 初診時、しみる感じがあると来院された。
フロス(糸ようじ)を通すと切れてしまう。
自発痛(何もしなくても痛みがある)はなかった。
治療方法 古い詰め物(白い詰め物)を全て除去してから中にある虫歯をラバーダム (唾液や感染物が術野に侵入しないようにする器具)使用してから確実に除去していく。術中に神経の穴が露出してしまったため、歯髄温存療法を行なって、神経を温存する保存的な治療を行いました。
費用 虫歯治療3万円
歯髄温存療法6万円
備考 歯髄温存療法には適応症があり、適応外の場合は行うことはできません。また、低い確率ですが、神経が長い期間虫歯に侵されていると、神経そのものが壊死してしまっており、歯髄温存療法自体ができない場合もございますので、診査診断が大切になっております。

詳細を見る

PAGE TOP