症例紹介

Category

白い詰め物の下の虫歯だらけ?!

  • BEFORE

  • AFTER

症状 初診時、しみる感じがあると来院された。
フロス(糸ようじ)を通すと切れてしまう。
自発痛(何もしなくても痛みがある)はなかった。
治療方法 古い詰め物(白い詰め物)を全て除去してから中にある虫歯をラバーダム (唾液や感染物が術野に侵入しないようにする器具)使用してから確実に除去していく。術中に神経の穴が露出してしまったため、歯髄温存療法を行なって、神経を温存する保存的な治療を行いました。
費用 虫歯治療3万円
歯髄温存療法6万円
備考 歯髄温存療法には適応症があり、適応外の場合は行うことはできません。また、低い確率ですが、神経が長い期間虫歯に侵されていると、神経そのものが壊死してしまっており、歯髄温存療法自体ができない場合もございますので、診査診断が大切になっております。

詳細を見る

虫歯治療とダイレクトボンディング

  • BEFORE

  • AFTER

症状 痛みはなく、物が詰まる
治療方法 マイクロスコープを使用し、虫歯を確実に除去し最小限の侵襲で治療を行い、ダイレクトボンディングにより、機能回復と形態の回復を行なった症例です。
費用 虫歯除去3万円
ダイレクトボンディング6万円
備考 適応症があり、一定の大きな虫歯治療にはダイレクトボンディングは使用できないことがあります。その際は補綴治療(被せ物)になってしまうこともあります。

詳細を見る

難治性根管治療(口の中にプツリと、できものできてませんか?)

  • BEFORE

  • AFTER

症状 数年根の治療しているが治らない
痛みはないがほっぺた側にできものある
治療方法 感染根管治療
まずラバーダム(外からの感染をできるだけブロックする処置)を行い、マイクロスコープ(拡大視野での精密医療を可能とする器具)下で古い材料と感染歯質の除去を行います。何度が洗浄を繰り返し、最後に殺菌性のある材料を入れまして、終了となります。
費用 150000円
備考 適応外ケースがございます。ヒビが入っていたり、歯質が異常に薄くなっているようなケースでは予後が期待できないためお断りするケースがございます。

詳細を見る

銀歯の下は虫歯だらけ

  • BEFORE

  • AFTER

症状 痛みはないがフロスが引っかかるとのことでいらっしゃいました。
治療方法 レントゲンで確認すると、虫歯の影が。マイクロスコープで拡大すると銀歯と歯の隙間に虫歯ありました。
銀歯を外し、虫歯を全て除去すると中から大量のう蝕が見つかり、全て除去すると神経が露出しました。患者さんのご希望で神経は残したいとのことでしたので、MTA(神経を温存するのに使用する材料)を使用し、歯髄温存療法を行いました。
費用 60000円
備考 適応しないケースもございますので、ご相談ください。どんなケースにもできるものではございません。

詳細を見る

深い虫歯の後のダイレクトボンティング(白い詰め物)

  • BEFORE

  • AFTER

症状 もともと冷たいものがしみることでいらっしゃいました。
治療方法 前回の続きになるのですが、小さな虫歯がマイクロスコープで確認しながら除去していくと、とても大きな虫歯であり、神経が治療途中で露出してしまい、MTAにて歯髄温存療法を行なってから、1ヶ月経過し、歯髄がしっかりいきていることを確認し、冷たいものが染みるのも無くなったことを確認できましたので、ダイレクトボンティング(白い詰め物)行なっていきまいた。
費用 6万円
備考 当院ではMTAを使用する際必ず経過を追わせていただいてから、ダイレクトボンティングを行います。また、適応症があり、大きすぎる欠損には使用できないこともがざいます。

詳細を見る

PAGE TOP