症例紹介

Category

難治性根管治療(口の中にプツリと、できものできてませんか?)

  • BEFORE

  • AFTER

症状 数年根の治療しているが治らない
痛みはないがほっぺた側にできものある
治療方法 感染根管治療
まずラバーダム(外からの感染をできるだけブロックする処置)を行い、マイクロスコープ(拡大視野での精密医療を可能とする器具)下で古い材料と感染歯質の除去を行います。何度が洗浄を繰り返し、最後に殺菌性のある材料を入れまして、終了となります。
費用 150000円
備考 適応外ケースがございます。ヒビが入っていたり、歯質が異常に薄くなっているようなケースでは予後が期待できないためお断りするケースがございます。

詳細を見る

銀歯の下は虫歯だらけ

  • BEFORE

  • AFTER

症状 痛みはないがフロスが引っかかるとのことでいらっしゃいました。
治療方法 レントゲンで確認すると、虫歯の影が。マイクロスコープで拡大すると銀歯と歯の隙間に虫歯ありました。
銀歯を外し、虫歯を全て除去すると中から大量のう蝕が見つかり、全て除去すると神経が露出しました。患者さんのご希望で神経は残したいとのことでしたので、MTA(神経を温存するのに使用する材料)を使用し、歯髄温存療法を行いました。
費用 60000円
備考 適応しないケースもございますので、ご相談ください。どんなケースにもできるものではございません。

詳細を見る

深い虫歯の後のダイレクトボンティング(白い詰め物)

  • BEFORE

  • AFTER

症状 もともと冷たいものがしみることでいらっしゃいました。
治療方法 前回の続きになるのですが、小さな虫歯がマイクロスコープで確認しながら除去していくと、とても大きな虫歯であり、神経が治療途中で露出してしまい、MTAにて歯髄温存療法を行なってから、1ヶ月経過し、歯髄がしっかりいきていることを確認し、冷たいものが染みるのも無くなったことを確認できましたので、ダイレクトボンティング(白い詰め物)行なっていきまいた。
費用 6万円
備考 当院ではMTAを使用する際必ず経過を追わせていただいてから、ダイレクトボンティングを行います。また、適応症があり、大きすぎる欠損には使用できないこともがざいます。

詳細を見る

こんな小さな穴でも実は虫歯はかなり大きいんです。

  • BEFORE

  • AFTER

症状 少し水がしみると言うことでご来院。
何件も歯医者に行ったが指摘されず、御来院頂きました。
マイクロスコープを使った治療をご希望とのことでした。
治療方法 虫歯を確実に除去したのち、歯髄が露出したため、感染している歯髄を除去し、歯髄温存療法を行いました。
もちろん、しっかりラバーダム(歯を感染させない処置)を行い、感染を防止した状況で虫歯の除去を行いました。その後MTAを使用し歯髄温存療法を行い経過をしっかり追ってから、ダイレクトボンティングを行いました。
費用 6万円
備考 歯髄温存療法には適応症がございいます。全てのケースではできないことをご理解ください。

詳細を見る

銀歯の下にも大きな虫歯があることも、、、

  • BEFORE

  • AFTER

症状 銀歯のところが染みる
冷たいものが染みる
治療方法 銀歯を除去し虫歯を全て除去します。
その後神経が露出してしまっている箇所にはMTAを使用した、歯髄温存療法を行いました。
当院では虫歯の除去時、ラバーダム(無菌的に治療を行うためのシート)を使用して治療を行います。
このケースでは虫歯の範囲が大きすぎ、ダイレクトボンディングを行うことが出来ず、被せ物で対応いたしました。
費用 6万
備考 歯髄温存療法では適応症がございます。適応症ではない時は治療をお断りさせていただくケースがございます。

詳細を見る

PAGE TOP