• Before
    • After
    症状 銀歯のところが染みるということで来院されました。
    銀歯は1年前に治療したとのことで外して中を確認することになりました。
    治療方法 初めにマイクロスコープ(精密歯科治療に必須な器具)を用いて、保険の銀歯を除去致しました。
    その後、ラバーダム(無菌的な処置を行うための器具)を口腔内に設置し、う蝕を全て除去しました。その際銀歯以外に保険のプラスチックが充填されており、そこに虫歯があるのが確認できたため、銀歯だけではなく、プラスチックの方も全て除去いたしました。その後虫歯を全て除去して、最終的にはダイレクトボンディング(虫歯の再発の少ない詰め物)を行って治療は終了となります。これは1回の治療で全て終わらせることができます。
    費用 マイクロ虫歯除去 3、3万円
    ダイレクトボンディング 6、6万円
    備考 適応症例がございます。全ての患者さんに行える治療ではありません。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 女性
  • 治療方法

    銀歯を外した状態です。
    画面下にはプラスチックが充填されています。

  • ラバーダム(無菌的処置を行うための器具)をせちしました。この際プラスチックの下の虫歯も発見いたしました。

  • う蝕検知液(虫歯を赤く染め出す液)で虫歯を赤く染め出して虫歯を除去して行きます。何度も赤く染め出して確実に虫歯を除去して行きます。

  • 虫歯を全てマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で除去した際の写真になります。

  • 選択的にエッチングを行いダイレクトボンディングの接着力をあげます。

  • 先に両サイドの壁を作成して行きます。

  • 最終的な充填を行い、失っていた解剖学的形態(本来の歯の形態)を付与させていき終了となります。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日