予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯や口を健康に保つためにメンテナンスをすることです。
歯が悪くなってからの「治療」ではなく、そもそも虫歯や歯周病にならないための「予防」を大切にする歯科スタイルのことを指します。
歯が悪くなってから歯医者に行く、ではなく、歯が悪くなる前に定期的なメンテナンスをするようにしましょう、というのが予防歯科の考えです。

大人の予防の重要性

日本では充実した歯科医療を受ける事が出来ますが、「予防歯科先進国」と言われる北欧の国と比較すると、全体的に虫歯の数が多かったり、入れ歯を使用している高齢者の割合が高いと言えます。
その違いは、「歯が悪くなってから治療のために歯医者を受診した」のか、「そもそも歯が悪くならないために歯医者を受診した」のかの違いだと言われています。
歯が悪くなってから治療をすると、歯を削ったりすることにより歯の負担が増してしまい、歯の寿命を短くする恐れがあります。また、予防歯科をしっかり行うことにより、生涯の医療費が抑えられるという分析結果も出ています。
歯は一度失うと元に戻すことはできません。歯を失うと、食事を楽しめなくなったり、会話を楽しめなくなったり、QOL(quality of life)つまり生活の質が下がってしまいます。
日本歯科医師会が推進している『8020運動(ハチマルニイマル運動)』(80歳になっても20本以上自分の歯を保とう、という運動)をはじめ、現在日本では予防歯科の重要性が見直されています。

虫歯や歯周病になりやすい人

では、虫歯や歯周病になりやすい人にはどういった特徴があるのでしょうか。

虫歯になりやすい要因

  • 虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が多い

    お口の中には、外からの病原体の侵入を阻止する「常在菌」が存在します。それらに対して「ミュータンス菌」など虫歯の原因となる菌の数が増えると、虫歯のリスクが高まります。(相対的なミュータンス菌の量が問題となります。)

  • 歯の質

    人によって歯の質に強い、弱いがあり、それによって虫歯のなりやすさが左右されます。

  • 唾液の量が少ない

    唾液には、歯についた汚れを洗い流したり、虫歯菌の出す酸を中和してくれる働きがあります。
    そのため、唾液が少ないとその効果が得られず、虫歯になりやすいと言えます。

  • 甘いものや甘い飲み物を好む

    口の中の糖が虫歯菌の餌となり、虫歯菌が繁殖します。口の中に糖が長く停滞すればするほど、虫歯の危険性が高くなります。
    特に甘い飲み物を常飲したり、飴をなめることが多いと、口の中の糖の停滞時間が長くなり、危険性が高まります。

  • お口の中の清潔を妨げる要因がある

    ブラッシングが苦手だったり、歯並びが悪かったり矯正治療中で装置が口に入っている場合、磨き残しができ、その部分が虫歯になりやすくなります。

  • 唾液の量が少ない、口呼吸

    お口の中は常時唾液によって殺菌されています。元々唾液の量が少なかったり、口呼吸により口内が乾燥しやすくなると歯周病が進行しやすくなります。

  • 喫煙の習慣がある

    タバコを吸うと歯茎の正常な細胞を壊してしまったり、ニコチンによって歯茎の血行が悪くなり、歯周病が悪化します。

  • 加齢

    年齢とともに免疫力が落ち、歯周病にもなりやすくなります。

  • ホルモンバランスの変化

    妊娠、出産、閉経などによりホルモンバランスが崩れると、急激に歯周病が悪化することがあります。特に妊娠の際は、「妊娠性歯肉炎」という病名があるように歯肉が腫れたり出血することが多くなったり、嘔吐反射のため十分にブラッシングができず、歯周病が進行する場合があります。

  • ストレスがある

    ストレスは万病のもとと言われる通り免疫力の低下を起こし、歯周病にもなりやすくなります。

  • 噛み合わせが悪い

    歯並びが悪いと、噛んでいる歯に負担が多くかかり、歯周病が悪化しやすくなります。

  • お口の中の清潔を妨げる要因がある

    ブラッシングが苦手だったり、歯並びが悪かったり矯正治療中で装置が口に入っている場合、磨き残しができ、その部分が歯周病になりやすくなります。

予防歯科Q&A

Qクリーニング、PMTC、フッ素塗布などを定期的に受けていれば、普段のブラッシングに力を入れなくても良いのでしょうか?
普段の丁寧なブラッシングは必要です。
クリーニング、PMTC、フッ素塗布など予防歯科の治療は、基本となる普段のブラッシングに「プラス」するものだとお考えください。
Q毎日のブラッシングなどセルフケアには自信があります。歯医者に行くのは不調が出た時だけで良いでしょうか?
前述の通り、予防歯科においては「セルフケア」と「プロフェッショナルケア」の双方が必要です。 ブラッシングではどうしても取りきれない汚れがありますので、定期的な来院をおすすめしております。
Q予防歯科の治療は保険診療ですか?
予防歯科は基本的に自由診療ですが、虫歯や歯周病になってからの来院の手間や治療費を考えれば、予防するメリットは十分にあると考えております。
PAGE TOP