虫歯治療

虫歯治療の基本はきれいに取り除くこと

ご自身の歯と長く付き合っていくためには、虫歯にならないことが一番です。もし虫歯になってしまった場合、虫歯が広がらないように、残さずきれいに取り除くことが重要になってきます。
当院の虫歯治療は「虫歯は除く、健康な部分は残す」ことを大切にしています。
ご自身の歯と少しでも長く付き合っていくために、お手伝いさせて頂きたいと考えています。

取り残さない、精密な切削

広がる二次虫歯と修復サイクル

虫歯は削って、詰めたら終わりというわけではありません。虫歯を取り除く際に虫歯がとりきれていない、詰め物が歯とあっていないなどがあると、治療をした箇所でも再び虫歯になってしまいます。
虫歯治療→2次虫歯→虫歯治療→2次虫歯と、再治療を繰り返す頻度のことを、修復サイクルと言います。
再治療を繰り返すと、繰り返す分歯が失われ、修復不可能となる可能性が高くなっていきます。
当院では再治療のリスクを減らすため、治療の基本を大切にしています。虫歯治療で基本となるのは、虫歯をキレイに取り除くことです。肉眼では確認が難しい点も、薬により染色、マイクロスコープにより拡大し確認。被せ物や詰め物のことを考慮して虫歯を削り形成します。

きれいに取り除くを叶えるために

  • 拡大し診えるマイクロスコープ

    目視だけの虫歯治療には限界があります。マイクロスコープを用いて顕微鏡レベルでの繊細な治療を行います。

  • 虫歯を色で確認するため

    虫歯によって感染した歯質を染めだし、必要な部分だけ削ります。

  • 直視できない部分を診るため

    虫歯は表面的に見えなくても、歯の中で大きく広がっている可能性があります。レントゲン撮影により、見えない部分の確認をします。

  • 虫歯を取り除くために

    虫歯を削る際に、多くを削りすぎないようにタービン以外にも様々な切削器具を使い取り除きます。

進行する虫歯の段階

初期の虫歯治療

虫歯になっても、初期の虫歯であれば型取りをしないCR修復(コンポジットレジン修復)を行うことが可能です。
削った箇所に、光に反応して硬化する歯科用プラスチックを入れるため、治療期間が短く済むケースがほとんどです。また金属とは違い、歯の色に近づけたり、柔軟性があるため歯に負担が少なく自然な仕上がりになります。

詳しくはこちら

型取りが必要な虫歯治療

虫歯が拡がり削る範囲が広い虫歯は、 CR修復(コンポジットレジン修復)では補えない場合「インレー(詰め物)」や「クラウン(かぶせ物)」など型取りを行い、補う方法があります。型取りが必要な治療の場合、補綴物(インレー・クラウン)と虫歯を取り除いた歯の形がぴったり合わないと、隙間から再び虫歯になる二次虫歯のリスクが高まります。
きれいに虫歯を取り除くことと、歯の形に合った補綴物をつけることで、再発しにくく長生きできる歯へ導きます。

詳しくはこちら

歯の頭(歯冠)の虫歯がより大きく進むと歯の根(歯根)まで進行し、腐った根だけ残り、根の周囲に膿を溜め始めます。そのため口臭もひどくなります。神経の治療が出来ない場合には、歯を抜かなければいけません。

歯を抜く必要がある場合

大きな虫歯などで抜歯が必要な場合、抜いたあとに歯と歯の間にスペースが生まれます。このスペースを抜けたままにしておくと隣の歯が倒れたり、反対側の歯が移動して咬み合せが悪くなり、歯磨きがしづらくなり虫歯の原因につながるなど、様々な弊害につながります。
抜いた後は、スペースを補う治療が必要です。
歯を補う治療法として、着脱可能な部分入れ歯、固定式のブリッジ、同じく固定式で自然な見た目のインプラントなど、様々な選択肢があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、患者様に合わせて治療方法をご提案いたします。

詳しくはこちら

PAGE TOP