口腔外科

口腔外科とは

親知らずが痛い。歯が折れた。口を開けると顎が痛い。口の中に出来物があるといった虫歯以外の症状もお気軽にご相談下さい。

親知らずの抜歯

親知らずは、一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。
他の歯に悪影響を与える場合は、抜歯したほうがよいといえます。

  • 埋まった親知らずと神経の位置確認

    横を向きや、顎骨に埋まっている親知らずは大きな神経と接していたり根が曲がっていたりしているため、CTによる歯の形や位置を確認し、安全に抜歯を行うことができます。

  • マイクロスコープを活用した抜歯

    抜歯の際、他の組織を傷つける可能性を避けるため、歯を分断し抜くことがございます。細かく砕けた破片も、マイクロスコープで拡大し確認するため取り残しもなく安心です。

親知らずの抜歯

事故で歯が折れた、転倒して前歯打ったなどの急なトラブルにも対応しています。治療方法も白い詰め物、白いかぶせ物、インプラントなど様々な治療方法を提案いたします。

顎関節症

顎の関節周りの何らかの原因で、顎が鳴ったり、痛みや口が開かないなどの機能低下が起きることを「顎関節症」言います。肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が出てくる場合もあり、症状がひどいと生活に支障をきたします。
生活習慣病的な部分が大きいため、歯ぎしりや片側のあごで噛む癖などの悪習癖や取り除く、患者自身が行うセルフケアが治療の中心となります。
その他には薬物療法、原因となる噛み合せの矯正、関節腔内を洗浄、内視鏡下での外科的手術などの方法によって治療を行なうこともあります。

CTによる顎関節症診断

上顎の骨と下顎の骨が顎関節症により、直接触れ合う状態になると関節部分の骨がすり減りだします。
CT撮影により、顎関節の骨の形、顎の変形などを確認することができます。

PAGE TOP