• Before
    • After
    症状 少し水がしみると言うことでご来院。
    何件も歯医者に行ったが指摘されず、御来院頂きました。
    マイクロスコープを使った治療をご希望とのことでした。
    治療方法 虫歯を確実に除去したのち、歯髄が露出したため、感染している歯髄を除去し、歯髄温存療法を行いました。
    もちろん、しっかりラバーダム(歯を感染させない処置)を行い、感染を防止した状況で虫歯の除去を行いました。その後MTAを使用し歯髄温存療法を行い経過をしっかり追ってから、ダイレクトボンティングを行いました。
    費用 6万円
    備考 歯髄温存療法には適応症がございいます。全てのケースではできないことをご理解ください。
  • 患者さん情報

    年代 20代
    性別 女性
  • 治療方法

    このような小さな虫歯での実はかなり大きいのです。

  • 中からはこのように虫歯菌により歯がボロボロにされてしまい、柔らかくなってしまった、歯がボロボロとれてきます。

  • 全ての虫歯を除去するとこのように赤く点が出てきます。これは露髄といって神経の穴が出てきてしまっている箇所です。
    ここから歯髄温存療法を行なっていきます。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日