• Before
    • After
    症状 歯科ドックでいらした患者さんであり、症状はありませんでした。
    マイクロスコープで検診をしている際、小さな虫歯を発見し治療に移行しました。
    治療方法 マイクロスコープ(極力虫歯を削らない治療に必要)を使用し、ラバーダム(無菌的な治療を行うための器具)を設置し、なるべく削らない治療を行いました。
    また、その後、虫歯の再発抑えるためダイレクトボンディング(適合性の良い詰め物)を行いました。
    費用 マイクロスコープを使用した虫歯除去 33000円
    ダイレクトボンディング 33000円
    備考 適応症がございますので全ての患者さんに適応できるわけではありません。審査診断が最も重要になります。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 男性
  • 治療方法

    初診時の状態であり、まだ何も処置はしていませんが保険の詰め物(CR)のしたが若干黒くなっているのがわかりますでしょうか。
    これは虫歯が下にあることを示唆します。

  • 実際プラスチックを除去すると下に裂孔と呼ばれる部位の虫歯の取り残しが見つかりました。もちろん全ての裂孔が虫歯のわけではありません。そこはしっかりとした審査診断が必要です。

  • 虫歯を染め出している写真です。何度も染めることにより確実に虫歯だけを除去していきます。

  • マイクロスコープ(虫歯だけを削るために使用)を使用して健康な歯はできるだけ削らないように治療を行いました。その後エッチング(接着力を高める処置)を行っている状態の写真になります。

  • 最終的にはダイレクトボンディング(適合性の良い詰め物)を行って終了となります。これによりできるだけ削らない虫歯治療が可能となります。
    これには、ラバーダム、マイクロスコープ、ダイレクトボンディングが絶対必要になってきます。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日