症例紹介

CASE

虫歯の治療

  • 虫歯治療は出来るだけ削らない!!!

    • Before
    • After
    症状 痛みはない。
    出来るだけ歯を削りたくない。
    治療方法 精密虫歯治療+ダイレクトボンディングを行いました。
    金属などではどうしても虫歯以外の健康な歯を多く削らないといけないため、マイクロスコープを使用した精密虫歯治療とダイレクトボンディングを選択いたしました。
    費用 精密虫歯治療 3.3万円
    ダイレクトボンディング 2.2万円
    備考 適応症がございます。
    虫歯の大きさにより費用は変化します。
    詳細を見る
  • 一日で白い歯が入ります

    • Before
    • After
    症状 痛みはないが銀歯を白い歯にしたい。
    治療方法 マイクロスコープで虫歯のみを削って行きます。
    虫歯以外の健康な歯を削らないように治療するにはマイクロスコープがないと絶対にできません。
    また、金属などを入れようとするとどうしても健康な歯を削らないとダメです。

    その後ダイレクトボンディング(白い詰め物)を行いました。
    費用 精密虫歯治療 3、3万円
    ダイレクトボンディング 2、2万円
    備考 適応症があります。
    虫歯の大きさによって値段は変動いたします。
    詳細を見る
  • 6ヶ月以上歯が染みる症状は危険です!!!

    • Before
    • After
    症状 6ヶ月以上染みる症状が続いており、神経を他院で抜かないいけないと言われ神経を残す治療をしたいので、当院を受診されました。
    冷たい水や、体調が優れない時に歯が痛くなるそうです。
    治療方法 まずは診査診断をマイクロスコープとレントゲンなどなど使用し診断を行います。
    今回の治療では事前の診査診断により患者さんがご希望された歯髄温存に関して不可能であると診断しました。ただ、最終的な確定診断は実際に歯髄を観察してから行いますので、ラバーダムを行い実際に虫歯を全て除去してから決定いたします。
    結果から、申し上げると今回はやはり歯髄温存治療は不可能でした。
    皆様もこのように長期の染みる症状が続いている場合取り返しのつかない事にもなりますので、マイクロスコープのある病院にて診査診断をできるだけ早めにお受けください。
    費用 歯髄温存療法 66000円
    備考 適応症がございます。
    歯髄温存をご希望の場合は早ければ早いほど可能性が上がりますので、早めにお越しください。
    詳細を見る
  • 1DAYで白い歯が入ります。

    • Before
    • After
    症状 痛みはないがフロスが引っかかり、毎回切れてしまう。銀歯が体に良くないと調べたら書いてあったので、外してセラミックにしたいが、何度も通えない。
    とのご要望があり当医院に受診されました。
    治療方法 フロスが引っかかることについては銀歯の適合が経年劣化で悪くなっている可能性と虫歯が新しくできているかどちらかがわからないので、銀歯は外してマイクロスコープで虫歯がないかしっかり確認をいたします。
    その後虫歯の再発を防ぐため、マイクロスコープで精密の虫歯を除去を行います。もちろんラバーダムも使用し唾液による感染を防ぎます。
    また、何度も通えないということから、1度の来院で治療が完了するダイレクトボンディングを今回は選択いたしました。
    費用 1歯あたり
    虫歯除去3万円
    ダイレクトボンディング4万円
    備考 適応症がございます。過度に歯質(歯の量)がない方は行えませんので、必ず審査診断をお受けください。
    詳細を見る
  • 知覚過敏を放置していると大変?!?!?!

    • Before
    • After
    症状 1年前から近所の歯科医院にで詰め物をした後に染みる症状に襲われて、何度か詰め物をやりかえたが虫歯がないため知覚過敏と診断されたそうです。
    それから1年が経過したが染みる症状が継続しており徐々に噛むと痛い症状も出てきたそうです。
    近くの医院では神経抜くしかないと言われて当医院を受診されました。
    治療方法 初めに大切なのが本当に知覚過敏なのかを調べることです。
    染みる症状にも原因がたくさんあります!噛み合わせ、虫歯の取り残し(これが一番多いです)、ヒビ、歯を削った衝撃(一時的に歯髄が炎症を起こしているだけ)、、、etc
    この診断が最も大切ですので初診でしっかり診断いたします。
    被せ物を除去し、虫歯の状況を確認します。
    その後クラック(亀裂)を発見したため歯髄が死んでいる可能性をチェックするための意図的に露髄させました。
    そこで神経が死んでいたため(歯髄壊死)神経の治療に切り替えました。
    今回は残念ながら神経の保存(歯髄温存療法)はできませんでしたが、このように長い間間違った診断をされ続けると神経が壊死してしまって神経を保存することができなくなってしまうこともありますので、長く染みる症状に(知覚過敏)に悩まされている方は一度再検査をすることをお勧めいたします。
    費用 根の治療(イニシャルトリートメント)132000円
    備考 神経を残すことができる適応は神経が生存している場合のみの適応されますので、今回のように歯髄が既に死んでしまっている場合は適応できません。
    詳細を見る

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日

※木曜、日曜は不定期で自由診療のみ行っております。お電話にてお尋ねください。

医脳AI

ご利用上の注意