• Before
    • After
    症状 入れたばかりの銀歯が染みるとのことで来院されました。フロスも引っかかるとのご連絡がありました。
    治療方法 まず、銀歯を外して本当に虫歯があるか、原因が何かをしっかり診断いたします。その後ラバーダム(無菌的に虫歯治療を行う器具)を装着し、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して取り残されたいた虫歯を全て除去します。その際神経(歯髄)まで虫歯が及んでいたためMTAで歯髄温存療法を行い神経を残す治療を行いました。最終的にはダイレクトを行う予定です。
    費用 MTA(歯髄温存療法)66000円
    備考 適応症がございます。実際診断を行ってからの治療になりますので全ての症例で歯髄温存療法を行えるわけではございません。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 男性
  • 治療方法

    銀歯を外した状態であり、一番深い場所に虫歯の取り残しがありました。

  • ラバーダム(無菌的に虫歯治療を行う器具)を設置してマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)にて虫歯を最小限の切削にて除去していきます。

  • ある程度マイクロスコープで虫歯を除去しましたがまだ少し虫歯が残っていることと、歯質の一部がかけてしっまているので、ここも可及的に滑らかにしていきます。

  • こちらが滑らかにした画像です。歯の一番深い場所(画像の中心)に赤い点があると思います。これは神経が露出している場所であり。ここから、マイクロを見ながら、感染症を起こしてしまっている神経の一部を除去していきます。これはマイクロスコープがないと絶対にできませんね!
    マイクロスコープだからできる処置ですね。

  • マイクロスコープで感染を起こした神経の一部を除去した状態です。止血を確認できましたのでこれから歯髄温存療法を行っていきます。

  • 歯髄温存療法を行いました。

  • その後CR(コンポジットレジン)で仮の蓋(これは絶対に外れない)を行いこの日は終了です。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日