• Before
    • After
    症状 初診時
    他院よりご紹介いただいた根管治療(根っこの治療)を行ったケースです。
    違和感があるとご来院いただきました
    治療方法 レントゲンを撮影すると根尖に透過像があることが確認できました。
    そのため、マイクロエンド(歯科用顕微鏡を用いた根管治療)を行うことにした。
    まず、ラバーダム(術野を無菌的に保つ処置)を行いマイクロを使用し根管内を機械的削合と化学的洗浄を行った。写真はGp(古い材料)を除去し殺菌作用のある薬剤を入れたところである


    赤丸が根尖透過像の大きさである


    3ヶ月後明らかに根尖の透過像(骨が溶けている面積)が小さくなり、新しい骨ができていていた。
    根管治療の成功の一つの目安として、根尖の透過像が小さくなることが挙げられます。

    赤丸が根尖透過像の大きさである



    費用 12万
    備考 あまりにも歯質が薄い場合や、補綴(差し歯)の予後が悪いと診断される場合は治療をお断りさせていただくことがございます。
  • 患者さん情報

    年代 60代
    性別 女性
  • 治療方法

    当日にマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いれ根管内を綺麗にし、洗浄を行い、2回目の治療時にMTAを用いて根管充填を行った。
    違和感に関しては1日目の夜にはなくなったそうです。
    違和感がなくなったため、2回目の来院時に最終的な充填を入れて3ヶ月の経過観察を行った

    赤丸が根尖透過像の大きさである

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日