• Before
    • After
    症状 痛みも違和感もなし。他院で歯科検診にずっと通っていたが転院をきっかけに当院で虫歯が見つかったため詰め物を全て除去したところ、神経がすでに死んでいることが判明しました。
    もし、虫歯治療後に染みる症状が激しくなったり、長期間染みる症状が続く場合神経への微細な感染が原因の場合がございます。お近くのマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)がある病院へ行かれ、しっかり検査をしてもらうことを強くお勧めします。時間が経過しすぎると神経が死んでしまい根の治療が必要になってしまう可能性が出てきてしまい、神経の温存が不可能になってしまいます。
    治療方法 感染根管治療を行います。すでに神経が死んでから時間が経過しており、歯髄温存療法を行うことは出来ませんでした。
    原因としては過去の虫歯治療にてかなり深く削られており、その際に神経の穴が露出してしまっており、当時は染みる症状などが続いていたと思われますが、長期の微細感染により歯髄が壊死してしまったのだと思われます。
    費用 マイクロエンド(精密感染根管治療)132000円
    備考 適応がございます。
    感染根管治療が出来ない場合もございます。必ず審査診断をされてから、行ってください。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 女性
  • 治療方法

    詰め物を除去するとこのように黒い点が見つかりました。本来、神経が生きていれば綺麗なピンク色の点が見えます。

  • 確認のため点の箇所を少し削ると神経の穴がすでに露出しており、穴の中は真っ黒になっております。

  • ラバーダム(口腔内の雑菌が根の中に入らないようにするための器具)を装着し、根管の穴をしっかり明示すると中に神経は存在せず出血も見られない。根管が若干暗褐色なのは血液の成分が長い時間をかけて、根管壁に沈着したからだと思われます。

  • 根管が明示された後は根管内をきれいに洗浄して根の治療を行い治療は終了となります。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日

※木曜、日曜は不定期で自由診療のみ行っております。お電話にてお尋ねください。

AIに聞いてみる?