• Before
    • After
    症状 初診時、しみる感じがあると来院された。
    フロス(糸ようじ)を通すと切れてしまう。
    自発痛(何もしなくても痛みがある)はなかった。
    治療方法 古い詰め物(白い詰め物)を全て除去してから中にある虫歯をラバーダム (唾液や感染物が術野に侵入しないようにする器具)使用してから確実に除去していく。術中に神経の穴が露出してしまったため、歯髄温存療法を行なって、神経を温存する保存的な治療を行いました。
    費用 虫歯治療3万円
    歯髄温存療法6万円
    備考 歯髄温存療法には適応症があり、適応外の場合は行うことはできません。また、低い確率ですが、神経が長い期間虫歯に侵されていると、神経そのものが壊死してしまっており、歯髄温存療法自体ができない場合もございますので、診査診断が大切になっております。
  • 患者さん情報

    年代 40代
    性別 女性
  • 治療方法

    白い詰め物(古い詰め物)を除去した状態の写真です。
    中が虫歯により、真っ黒になってしまっています。
    これが染みる原因となっていますので、確実の除去していくことが大切です。

  • 虫歯を全て除去した状態です。画像中心にピンクの穴が2つあると思いますが、そこが神経の穴になっております。このまま、被せ物や詰め物をしてしまうことはできませんので、MTAを使用した歯髄温存療法を行なっていきます。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日