• Before
    • After
    症状 銀歯のところが染みる
    冷たいものが染みる
    治療方法 銀歯を除去し虫歯を全て除去します。
    その後神経が露出してしまっている箇所にはMTAを使用した、歯髄温存療法を行いました。
    当院では虫歯の除去時、ラバーダム(無菌的に治療を行うためのシート)を使用して治療を行います。
    このケースでは虫歯の範囲が大きすぎ、ダイレクトボンディングを行うことが出来ず、被せ物で対応いたしました。
    費用 6万
    備考 歯髄温存療法では適応症がございます。適応症ではない時は治療をお断りさせていただくケースがございます。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 男性
  • 治療方法

    頬側の古いプラスチックを除去しているところです。プラスチックの下から、取り残しと思われる、古い虫歯が出てきています。

  • 頬側の虫歯だけを除去した状態です。露出した神経の穴から出血が見られます。ここから、感染している神経を一部除去していきます。

  • 感染している神経を除去すると出血が自然とおさまってきています。
    ここから、神経を温存(歯髄温存療法)を行なっていきます。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日