• Before
    • After
    症状 前医で数ヶ月前に保険で白い詰め物を詰めたが染みる症状が続いていて、フロスをした時に引っかかるといらっしゃいました。
    写真でもわかるようにCR(保険でつめた充填物)がマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で確認すると大きく段差(突起物)が見られます。それにより、歯茎も腫れており正常な形態から大きく逸脱している状況になります。
    治療方法 マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)でCRを除去後虫歯を除去を正常な形態をダイレクトボンディング にて付与よし、歯肉の回復を促します。
    初めの状況ではCRの突起物が原因でうまくラバーダム(術野を清潔の維持し、感染から守るもの)が設置出来ませんので除去後にラバーダムを設置します。
    費用 ダイレクトボンディング 6万円
    歯髄温存療法(精密虫歯治療も含まれます) 6万円
    備考 適応がございます。適応外の場合は治療ができないことがございます。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 女性
  • 治療方法

    大きなCRが充填さており、突起物が確認できる。突起物の奥には黒く見える場所があり、虫歯の取り残しが確認されています。

  • 矢印の箇所のみ大きく削られてしまっている箇所があり、この凹みが原因で充填がうまくできていないのではないかと思われます。このままでは充填できないので、圧排糸を挿入して歯茎を一部押し下げることにより治療をしやすくしました。圧排糸を入れる事により歯茎と歯の境目を明確にして精密治療を可能とします。

  • 治療中すでに神経の一部が露出してしまい神経を抜かなくてはいけなくなりますが、患者さんの希望により今回は神経を残す歯髄温存療法を行います。

  • マイクロスコープ (歯科用顕微鏡)で虫歯を全て除去し、MTAにて歯髄温存療法を行います。

  • 歯髄温存療法を行ったのち精密な充填を行うためストリップスが正確にフィットしていることを確認しております。

  • フィットが確認できたら少しずつダイレクトボンディングを行い精密な充填を行います。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日