症例紹介

CASE

ダイレクトボンディング

  • 今の虫歯治療は極力削らないのが当たり前!!!!

    • Before
    • After
    症状 歯科ドックでいらした患者さんであり、症状はありませんでした。
    マイクロスコープで検診をしている際、小さな虫歯を発見し治療に移行しました。
    治療方法 マイクロスコープ(極力虫歯を削らない治療に必要)を使用し、ラバーダム(無菌的な治療を行うための器具)を設置し、なるべく削らない治療を行いました。
    また、その後、虫歯の再発抑えるためダイレクトボンディング(適合性の良い詰め物)を行いました。
    費用 マイクロスコープを使用した虫歯除去 33000円
    ダイレクトボンディング 33000円
    備考 適応症がございますので全ての患者さんに適応できるわけではありません。審査診断が最も重要になります。
    詳細を見る
  • CR(保険で充填された詰め物)がうまく適合していない場合虫歯の再発に繋がり危険です。

    • Before
    • After
    症状 前医で数ヶ月前に保険で白い詰め物を詰めたが染みる症状が続いていて、フロスをした時に引っかかるといらっしゃいました。
    写真でもわかるようにCR(保険でつめた充填物)がマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で確認すると大きく段差(突起物)が見られます。それにより、歯茎も腫れており正常な形態から大きく逸脱している状況になります。
    治療方法 マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)でCRを除去後虫歯を除去を正常な形態をダイレクトボンディング にて付与よし、歯肉の回復を促します。
    初めの状況ではCRの突起物が原因でうまくラバーダム(術野を清潔の維持し、感染から守るもの)が設置出来ませんので除去後にラバーダムを設置します。
    費用 ダイレクトボンディング 6万円
    歯髄温存療法(精密虫歯治療も含まれます) 6万円
    備考 適応がございます。適応外の場合は治療ができないことがございます。
    詳細を見る
  • 詰め物の下に虫歯はよくある?!?!

    • Before
    • After
    症状 噛むと違和感がある。食べ物が良く歯に詰まる。フロスが切れてしまい、通せない。少し、染みる。
    治療方法 まず、ラバーダム(術野を清潔に保ち、唾液による再感染を防止する)を適切に行い、マイクロスコープで拡大視野で治療を行うことにより、最小限の侵襲により、虫歯の除去を行い、歯質を最大限に残した状態での治療を行なっております。これにより、歯の強度をなるべく下げないようにして、歯の予後を一年での長くなるように治療を行なっております。
    費用 虫歯除去3万円
    ダイレクトボンディング(白い詰め物)6万円
    備考 適応症があります。
    ダイレクトボンディングでは充填できる範囲があり、大きくなりすぎると、セラミックなど他の手法を用いる必要があります。
    詳細を見る
  • 虫歯治療とダイレクトボンディング

    • Before
    • After
    症状 痛みはなく、物が詰まる
    治療方法 マイクロスコープを使用し、虫歯を確実に除去し最小限の侵襲で治療を行い、ダイレクトボンディングにより、機能回復と形態の回復を行なった症例です。
    費用 虫歯除去3万円
    ダイレクトボンディング6万円
    備考 適応症があり、一定の大きな虫歯治療にはダイレクトボンディングは使用できないことがあります。その際は補綴治療(被せ物)になってしまうこともあります。
    詳細を見る
  • 深い虫歯の後のダイレクトボンティング(白い詰め物)

    • Before
    • After
    症状 もともと冷たいものがしみることでいらっしゃいました。
    治療方法 前回の続きになるのですが、小さな虫歯がマイクロスコープで確認しながら除去していくと、とても大きな虫歯であり、神経が治療途中で露出してしまい、MTAにて歯髄温存療法を行なってから、1ヶ月経過し、歯髄がしっかりいきていることを確認し、冷たいものが染みるのも無くなったことを確認できましたので、ダイレクトボンティング(白い詰め物)行なっていきまいた。
    費用 6万円
    備考 当院ではMTAを使用する際必ず経過を追わせていただいてから、ダイレクトボンティングを行います。また、適応症があり、大きすぎる欠損には使用できないこともがざいます。
    詳細を見る

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日