精密根管治療

神経が死んでしまった歯にできること

虫歯や重度の歯周病、歯にひびが入ったなどが原因で口の中の細菌が、 すき間から歯の神経にまで入り込むと、神経が細菌に感染してしまいます。
そうすると神経は痛み腐っていき、腐敗した神経の中で細菌が繁殖し化膿することもあります。
歯は神経を失うと、栄養が断たれ短命になることがほとんどです。重度の虫歯でも、歯の寿命を少しでも伸ばすためにできる治療がございます。

根管治療の重要さ

歯の中には神経や血管が入っている細い管、根管があります。虫歯の進行により汚染された神経や、血管などを除去し、内部をきれいに洗浄・消毒してからすき間なく薬剤を充填する処置が根管治療です。
根管内に少しでも細菌を残してしまうと再発してしまいますので、治療には精密さが要求されます。
虫歯により、破壊された歯であっても根管治療を行うことで、 もとの歯と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。

精密な根管治療を実現するための取り組み

1.感染源を取り除く
虫歯など、様々な原因により感染してしまった歯髄を、根管から取り除きます。
2.無菌状態で行い、再発の原因を断つ
すべての感染源を除去した後は、再び歯の中に病原を作らないために、無菌状態にします。ゴム状の膜で治療部位を覆うことで、唾液など細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌な理想的な衛生環境を作り出します。
3.歯の寿命を伸ばすために補強する
神経がなくなると、歯への栄養の供給は断たれます。そのため、通常の歯より傷みやすく弱い状態になります。食事ができる、快適に使えるようにするためには、神経を取った根管に支えとなる土台をいれ、補強する必要があります。

マイクロスコープを用いた根管治療

根管の中は肉眼で見ることができず、従来の治療はレントゲンを参考にしながら、手の感覚を頼りに探り、治療をしていた側面があります。そうすると見落としがおき、感染源が残こってしまい再治療が必要になるケースも出てきます。
マイクロスコープで拡大し、根管内を詳細に観察することで感染源を細部まで取り除き、再発を断ちます。

CTを用いた三次元的な検査

根管内の治療は、目で直接見ることが出来ません。
歯の根は複雑に枝分かれしており、肉眼はもちろん従来のレントゲンでも全てを確認することは難しいです。
CTを用いた検査は、歯の神経の本数や形状、根の先の病状など多くの正確な情報が確認でき、精密な根管治療を実現します。

その他の根管治療のための器具

  • ニッケルチタン

    ニッケルチタンファイルは、根管を拡大・清掃するために使用する器具です。
    ステンレス製に比べて、非常にしなやかに湾曲するため、根管に沿って治療することができます。

  • 超音波チップ

    根管治療用の超音波チップは根管の清掃に使用します。超音波チップの振動、洗浄液の環流により、根管を効果的に清掃することができます。

  • ラバーダム

    ゴム状の膜のシートで、治療する部位(歯)のみを出して、感染を防ぐために使用します。

PAGE TOP