• Before
    • After
    症状 銀歯詰めたところがしみる。数年前に虫歯の治療を行い、銀歯を入れたそうですが、外すと中では虫歯が大量に出来ており特に近心(前歯に近い方)に真っ黒な虫歯が確認できる。
    治療方法 銀歯を外し、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)でラバーダム防湿下で虫歯を全て除去していく。虫歯を除去している最中に神経の穴が露出してしまったために、MTAを用いた歯髄温存療法を行い、最終的にシールドを行い1回目の治療を終えた。その後2回目の治療ではダイレクトボンディングか、被せ物を行なっていく。
    費用 虫歯除去3万円
    歯髄温存療法6万円
    備考 歯髄温存療法には適応がございます。適応外での治療は基本的にお断りさせていただいております。
    適応かどうかは検査の結果により判断いたしますので、お越しになってから、決まります。
  • 患者さん情報

    年代 30代
    性別 男性
  • 治療方法

    赤い点が神経の穴であり、未だ虫歯は全て除去できていないため、これから、残存う蝕(虫歯)を除去し、すでに感染を起こしている神経組織の一部を除去し、正常な神経組織のみを残すようにする。

  • 虫歯を全て除去したのちに、MTAを利用して歯髄温存療法を行なった。

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日