• Before
    • After
    症状 プラスチックを1ヶ月前に詰めたが痛みが強くなった
    治療方法 MTAにおける歯髄温存療法
    費用 60,000円
    備考 (歯髄温存療法は100%成功するものではありません。症状が治らないこともありま
    すが、その場合は歯髄を切断する位置を変えたり、再トライいたします)
  • 患者さん情報

    年代 29歳
    性別 男性
  • 治療方法

    他院でプラスチックを詰められてから、噛むと痛みと違和感が出ているとのことで来院。風をかけるとしみる症状が強く出ていた。プラスチックがしっかり接着されていないか、虫歯の取り残しがある可能性を説明し、外して見たいとのことで処置開始。

  • プラスチックを除去したのち下に別の修復物が出てきた。そのちたに虫歯の取り残しが黒く現れた。

  • その齲蝕を全て除去すると神経の穴(露髄)が現れた。感染している神経のみ除去した。

  • MTAにて歯髄温存療法を行なった。当日夜に患者より連絡があり、痛みが、しみる、違和感が完全に消えたと連絡が来た。術後の痛みはほとんど出ないです。少し、違和感が出る方もいるが2−3日で消失した

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日