症例紹介

CASE

根の治療

  • 歯科用顕微鏡で見える治療(マイクロスコープ)

    • Before
    • After
    症状 痛みはなく、白い被せ物をして欲しいと来院されました。レントゲンを撮影したとこと違和感があったため、根の治療からやり直したケースです。
    治療方法 今回のケースではラバーダム(無菌的に治療を行いための処置)を行うことが初診の状態ではできなかったので、隔壁を作成してから治療を行った。本来この上顎第1小臼歯は2根管(根っこの穴)であるがマイクロスコープで確認すると3根管目を確認することができ、そこから膿が出ていた。そのため、もう一度根の治療(際根管治療)を行った。これはマイクロスコープがないと確認することができなかったケースである。
    古いGP(根に詰める材料)を全て除去して根管内を洗浄し、再度充填を行った。
    費用 12万
    備考 根管治療は必ず成功するものではありません。
    当院の現在の成功率は92、2%(H30、12、19現在)であります。
    また、歯質が非常に薄く、補綴的予後が悪いものや、根管内に破折が確認できた場合は治療をお断りする場合ががざいます。
    詳細を見る
  • 破折したリーマーの除去

    • Before
    • After
    症状 噛むと痛い
    治療方法 マイクロendo(マイクロスコープ下の根管治療)とマイクロスコープを用いた破折ファイルの除去
    費用 150,000円
    備考 歯質が薄くなりすぎるような、endo(根管治療)を行っても、歯の寿命が短くなる、もしくは噛んでもすぎに割れてしまうようなケースでは治療をお断りするケースがございます。稀に除去自体が困難なケースがございます。
    詳細を見る
  • 歯根に残ったファイルの除去

    • Before
    • After
    症状 噛むと痛い
    治療方法 マイクロendo(マイクロスコープ下の根管治療)とマイクロスコープを用いた破折ファイルの除去
    費用 150,000円
    備考 歯質が薄くなりすぎるような、endo(根管治療)を行っても、歯の寿命が短くなる、もしくは噛んでもすぎに割れてしまうようなケースでは治療をお断りするケースがございます。稀に除去自体が困難なケースがございます。
    詳細を見る

CONTACT

【電話予約】10:00~13:00 / 14:00~18:30(土曜は18:00まで) 【休診日】木曜、日曜、祝日